検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品コード: syo5087

フットボールサミット第2回 検証・中田英寿という生き方

価格(税込): 1,430
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

第一線のジャーナリスト達が一堂に会するサッカー界の論客首脳会議

【発行】株式会社カンゼン
A5判変型/192ページ
2011年2月21日発売

フットボールサミット開催宣言

いま議論すべきサッカー界の重要テーマを多士済々の論客が論じる。それがフットボールサミットのコンセプトです。

サッカー界の重要テーマを多士済々の論客に論じていただく『フットボールサミット』第2回の議題は「中田英寿という生き方」です。
近年海外で成功した日本人選手の筆頭とも言える彼は、文字通り日本代表でも別格の存在として数々の功績を残してきました。彼の存在なくして日本の躍進はなかったと言えます。
一方、突出した存在であるがゆえ、その言動にはサッカーファン、メディア関係者などからは賛否両論が渦巻いていました。それこそがスター選手の証ですが、引退から4年以上がたったいまだからこそ、彼をアンタッチャブルな存在として敬遠するのではなく、冷静に客観的に、彼が日本サッカー界にもたらしたこと、そして日本社会における彼の存在意義をここでしっかりと検証したいと思います。
また彼の生き方を改めて見つめ直すとともに、ひと握りのサッカー選手以外が直面している現実、つまり、現役時代同様、引退後もハードな生活を送ることが多いサッカー選手のキャリアについて、広く考えるきっかけになればと考えています。

『フットボールサミット』議長 森哲也



第二回議題 検証・中田英寿という生き方

■大泉実成
拝啓、中田英寿様 あなたはどこに行くのか?

■元川悦子
背番号7は本当に異分子だったのか?
藤田俊哉が語る中田英寿というフットボーラー

■宇都宮徹壱
松田直樹という生き方
魂のフットボーラーが語る過去・現在・未来と中田英寿

■岡田康宏
日本サッカー界がいまこそ中田英寿から学ぶべきこと
「嫌儲」思想からの脱却と社会的な視野の導入を

■木村元彦
NAKATAビジネスの正体
社会学の見地から中田英寿を読み解く

■小澤一郎
中田英寿とメディア
選手とマスコミの幸福な関係とは?

■大泉実成
TAKE ACTIONとは何か?
大いなる理想の前に立ちはだかる壁


お客様の声

新規コメントを書き込む