検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品コード: syo5111

サッカーコーチングレポート 超一流の監督分析

価格(税込): 1,728
数量:
カゴに入れる
プロ基準で解き明かす名将たちの流儀

【著者】小野剛(元日本代表コーチ FIFAインストラクター)
【発行】株式会社カンゼン
四六判/240ページ
2011年11月30日発売

超一流監督に共通する資質とは何か。
サッカーは数学とアートの融合である―
戦術は数学的頭脳で考えられるが、それでは勝負には勝てない。
理詰めでは補えない、選手たちの情熱やモチベーションをどうやって引き出すのか。
コーチングという行為は、アート(芸術)の領域になっていく。
グアルディアオラ、モウリーニョ、ファーガソンといった、名将たちに共通する資質をプロ基準で解き明かしていく。


第1章 世界の名将たちをプロファイルする

名将たちは「YOU」と「WE」を使い分ける/監督のフィロソフィー、チームのスタイル/トップトップコーチに共通する3つの資質/アレックス・ファーガソンの飽くなき情熱/チャンピオンズリーグでの劇的な勝利/テクニシャン、マネージャー、リーダー/2つのピッチを使った緻密なトレーニング/マルチェロ・リッピのマネジメント/スター選手をいかにチームに組み込むのか/コーチではなく、リーダーについていく………etc

第2章 監督の役割とは何か
シーズン最初のミーティングの緊張感/目標達成のためのSWOTで戦略を練る/SWOTをディベロップメントプランで活用する/チームとして目標を共有することの重要性/ベスト4の目標に向けてガムシャラになる/サンフエレッチェ広島監督としての3年計画/試合終盤での失点をどう改善していくか/真っ暗闇でのサバイバルトレーニング/おろそかになった共有のための手続き/世の中には2種類の監督しかいない………etc

第3章 日本代表監督たちの素顔
岡田武史―チームのために本気を見せる/「ゾーン」に入るための布石を打つ/フランスワールドカップ 突然の監督就任/ホテルの一室で伝えた思い 監督要請秘話/フィリップ・トルシエ―もっとタフになれ!/ピッチで戦う上でのメンタリティを養う/タフな経験になったブルキナファソ遠征/イビチャ・オシム―日本人の誇りを持って戦おう/朝も夜も24時間、サッカー漬けの日々/日本人のマイナスイメージを払拭した/スタッフ大混乱!? 予測不能のトレーニング………etc

第4章 S級コーチとして必要なもの
S級講習会は自分を高める場所/膨大な準備が必要なプレゼンテーション/3人1組のチームで行う指導実践/受講生たちの間で生まれる特別な絆/指導者養成の歴史を振り返る/スペインやドイツでの指導者養成を見る/印象に残ったすばらしい受講生たち/大きな糧となったインストラクターの経験

第5章 これからの日本サッカー
方向性を共有することで大河となる/スカラーではなくベクトル思考でより大きな力を/情熱を持ったグラスルーツコーチたちのアート/子供たちはコーチの鏡である/指導者に向いているタイプとは?/世界に誇るべき日本サッカーの成長率/多種多様な教育的なバックグラウンド/学校スポーツとクラブの理想的な関係/ゲーム(試合)こそが一番の先生/日本が世界一になれない理由はどこにもない

特別対談 岡田武史×小野剛
世界と戦った2人が“理想の監督像”について語り合う!
激しく熱い対談30ページを完全収録。“究極の監督論”が展開される!!


著者プロフィール:小野剛
1962年千葉県生まれ。
アトランタ五輪、フランスW杯では、スカウティングのプロとして、相手チームを的確に分析。
「マイアミの奇跡」「W杯初出場」といった結果に貢献した。
フランスW杯日本代表コーチ、U-20日本代表コーチを経て、02年サンフレッチェ広島の監督に就任。
監督としての手腕も評価される。
06年、日本サッカー協会技術委員長に就任。09年からFIFA インストラクターも務めている。


お客様の声

新規コメントを書き込む