検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
NEW
商品コード: syo5504

新GK論 10人の証言から読み解く日本型守護神の未来

価格(税込): 1,944
数量:
カゴに入れる

【商品名】新GK論 10人の証言から読み解く日本型守護神の未来
【著者】田邊雅之
【発行】株式会社カンゼン
四六判/336ページ
2019年5月16日発売


日本が世界で勝つために必要な、新時代のゴールキーパー(GK)論。
楢﨑正剛、川島永嗣、東口順昭、林彰洋、権田修一、シュミット・ダニエルら日本を代表するGKら10人への総力取材で読み解く、日本型守護神の未来とは?

“身長を言い訳にする時代は終わった。GKこそ“日本化”が最も必要なポジションである。”
多くの日本人プレーヤーが欧州で活躍する時代になったが、GKに関してはまだまだ未開の部分が多い。
日本人GKが世界で活躍するために何が必要か。そして、日本を世界トップへと導ける守護神はいかにして育てるべきか?

著者は「日本人GKの日本化」をテーマに、GKに必要な能力やメンタリティ、育成現場の現状と課題・未来について、指導者や選手、多くのサッカーファンに伝えるべく、日本を代表する選手、指導者へのインタビュー取材に東奔西走しました。

そこで見えてきた答えとは?

本書は、GKの見方をアップデートする新しいバイブルとも言えます。


【目次】
1.楢﨑正剛
小さな身体を大きく見せるスキル
「GKは苦しい状況でこそ力になれる存在」

2.東口順昭
感覚とロジックの狭間で……
「形にとらわれてボールが取れなくなるのは違う」

3.林彰洋
細かな駆け引きと計算
「DFと連携しながらシュートを打たれないことが理想」

4.権田修一(1)
世界を俯瞰しての視点
「勝つチームのGKこそ評価されるべき」

5.権田修一(2)
サイズと身体能力の差を超えるために
ヨーロッパに行くことが絶対の近道」

6.シュミット・ダニエル
日本人GKの技術を活かすために
「ビルドアッパーとしてもっと使われたい」

7.山田栄一郎(1)(浦和レッズ分析担当コーチ)
日本独自のGK像を求めて
「日本のGKの育成は絶対にいい方向に進んでいる」

8.西川周作
最後方からゲームを構築する守護神
「GKというポジションは『ゲームメイカー』である」

9.山田栄一郎(2)
躍進の大会を経ての日本人GKの現在地
「アスリート性の改善とならではの良さで勝負していく」

10.リカルド・ロペス(元日本代表GKコーチ)
世界的指導者から見た日本人GK
「GKのイメージ、カルチャーを変えていかなければならない」

11.川島永嗣
目指すべきは“国際基準の日本化”
「日本人の良さだけですべてをカバーするには限界がある」

12.加藤好男(JFA技術委員)
守護神の“普遍”は変わらない
「GKに魅力を感じる子どもをもっと増やしていく」



お客様の声

新規コメントを書き込む