検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る



新型コロナウイルスの感染拡大防止にあたり、書店様の休業や時間短縮営業が行われています。
それに伴い、幣ショップでは少しでも皆様のお役に立てればと思い、期間限定で幣ショップでご注文の場合は送料無料といたします。

期間:4月13日~5月31日

※今後の状況によっては予告なく送料無料を中止する場合がございますので予めご了承ください。

・代金引換の場合は手数料330円を頂戴します。
・郵便振替・銀行振込の場合、振込手数料はお客様負担となります。

・期間中にご注文をいただいた商品の発送はメール便での発送となります。
・メール便発送不可の場合は発払い(代引の場合はヤマト運輸コレクト)での発送となります。

・お支払方法は、カード決済・代金引換・郵便振替・銀行振込となります。



商品コード: syo5495

サッカー育成改革論

価格(税込): 1,760
数量:
カゴに入れる

【商品名】サッカー育成改革論
【著者】本田裕一郎
【発行】株式会社カンゼン
四六判/208ページ
2018年12月12日発売


常に変化を求め、情熱をもって前に進む
指導者が日本サッカーを変える。
日本人は賢い、必ず世界の上位に行ける。
これからを支える指導者たちよ、
日本サッカーを変革するときが来た。

日本サッカーを再建せよ!

高校サッカー三冠を制した流経柏の名将がいま伝えたい真の育成改革案

今、日本のサッカー界は大きな分岐点を迎えている。
日本のサッカー界はプロ化から25年が経ったが、様々なところで検証され、まさに不易流行へと変化していくべきです。
良いところは残し、変えるべきところは変えていかなくてはならない。
真の“ジャパンズ・ウェイ”につなげるためにはどうすればいいか。
本書では、日本でもっともプロ選手を育ててきた流経大柏高校サッカー部の本田裕一郎監督に真の“ジャパンズ・ウェイ”につなげるための改善すべき問題をあげながら1つ1つ提言していく。


【目次】
序章 日本サッカーを振り返る
~指導の歴史を積み重ねていくために~

●これまで「学閥」が形成されてきた日本サッカー界
●Jリーグ発足、そしてワールドカップ出場
●サッカーの発展に育成年代の指導は必ず重要となる

第一章 環境改革
~変えるべき問題がそこにはある?~

●「武道」と「スポーツ」の違い
●スポーツにお金がかかりすぎる日本
●学校教育が抱える弊害
●「文武分離」の実践がこれからの時代に求められる
●ブラック部活動、体罰問題を許すな!
●子供たちをサッカー漬けの毎日にしていないか
●大会運営改革もサッカー漬け脱出の解決策になる
●変化する家庭環境も子供に大きな影響を与える
●今どきの子に伝えたいコミュニケーション能力の重要性

第二章 指導改革
~選手たちのためにできること~

●サッカーの本質を伝える
●同じタイプの選手を育てても意味がない
●ポジションに適した専門性の指導(GK編)
●ポジションに適した専門性の指導(FP編)
●育成年代でも取り入れたいITトレーニング
●選手とのコミュニケーションが一方通行になっていないか
●指導者ライセンスは本当に必要なのか
●Jクラブの指導者よ、もっとがんばれ!
●チームに必要不可欠なゲームモデルの構築
●知っておくべきプロ選手を育てるための3カ条
●私のような指導者を生み出してはいけない

第三章 トップ改革
~真のジャパンズ・ウェイにつなげる~

●「ジャパンズ・ウェイ」はどこを目指す?
●大学からプロになるシステムは本当に必要か?
●魅力ある国内プロリーグにするためには?



お客様の声

新規コメントを書き込む