検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る



NEW
商品コード: syo5475

裸のJリーガー

価格(税込): 1,836
数量:
カゴに入れる

【商品名】裸のJリーガー
【著者】大泉実成
【発行】株式会社カンゼン
四六判/256ページ
2018年7月11日発売


Jリーガーのセカンドキャリアは、なぜかくも厳しいのか?
メディアが伝えない不都合な真実を解き明かす衝撃の問題作!

月給5万円のJリーガーから住所不定の元祖天才まで、現役時代もハードで、引退後もハードなサッカー選手の生きざまを講談社ノンフィクション賞のジャーナリスト・大泉実成が追う。
Jリーガーは本当に夢のある職業なのか?
職業「サッカー選手」と引退後の実態を徹底取材で明らかにする。

J3まで拡大し、すそ野を広げているJリーグだが、プロとは思えない待遇の選手も存在するなど、格差や闇も広がっている。
大半の選手が二十代で引退するなか、セカンドキャリアではさらに厳しい現実が待っている。
25周年のJリーグ、職業としてのJリーガーを問う。
挫折と苦悩の果てに、彼らは何を思うのか。
フットボール批評の人気連載に大幅に加筆したサッカー選手の実像を浮き彫りにする骨太ノンフィクションの完成――。


★★本書のおもな内容★★
引退したサッカー選手たちの第二の人生はバラ色か、それとも……
●現役Jリーガーのリアル 月給5万円のJリーガーはなぜ生まれるのか?
●指導者という生き方 引退後に待ち受ける現実
●安永聡太郎 スペインでの指導者武者修行の先に見えたリアル
●森崎嘉之 高校サッカーのスターは、車のディーラーから再びサッカー界に
●西村卓朗(水戸ホーリーホック強化部長) 新進GMが見たサッカー界の現状と新しい風
●岡野雅行(ガイナーレ鳥取GM) 野人、サッカー界の現実に吠える
●礒貝洋光 破天荒に生きる風来坊がたどり着いたアウトな境地 …ほか


【著者プロフィール】
大泉実成(おおいずみ・みつなり)

1961年東京生まれ、茨城育ち。ノンフィクション作家。
1989年、処女作『説得―エホバの証人と輸血拒否事件』で講談社ノンフィクション賞受賞。
主な著書に、『麻原彰晃を信じる人びと』(洋泉社)、『庵野秀明スキゾ・エヴァンゲリオン』『消えたマンガ家』(太田出版)、『萌えの研究』(講談社)、『Hard After Hard かつて絶望を味わったJリーガーたちの物語』(カンゼン)、『オタクとは何か?』(草思社)など。漫画家・水木しげるとの共著も多数。


お客様の声

新規コメントを書き込む