検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る



NEW
商品コード: syo5478

ドイツ式GK技術革新 GK大国に学ぶ「技術」と「理論」

価格(税込): 1,836
数量:
カゴに入れる

【商品名】ドイツ式GK技術革新 GK大国に学ぶ「技術」と「理論」
【著者】川原元樹・清水英斗
【発行】株式会社カンゼン
四六判/176ページ
2018年7月20日発売


ドイツのトップクラブで学んだGKコーチが説く「GK技術」の決定版!

☆体得すべき3つの原理原則
【ゴールディフェンス】
【スペースディフェンス】
【オフェンスアクション】


世界トップクラスのGKを育成し続ける“GK大国”ドイツには、マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)やテア・シュテーゲン(バルセロナ)といった名だたるGKが君臨し、自国リーグのGKも総じてレベルが高いことで有名。

ドイツで「当たり前」とされているGK技術を、日本のGKは「当たり前」に身につけられているのだろうか?

本書籍では、ドイツ留学を経験し技術と理論を学んだ川原元樹氏(FC岐阜GKコーチ)が、ドイツ式のGKメソッドを言語化。

GKというポジションの緻密な技術と戦術を、図解・イラスト(大武ユキ氏:フットボールネーション)でわかりやすく解説!
『フットボール批評』の人気連載が待望の書籍化!


【目次】
序章 なぜ、ドイツはGK大国なのか?
第1章 ポジショニング・姿勢
第2章 GKアクション(キャッチング・セービング)
第3章 スペースディフェンス・クロス対応
第4章 ディストリビューション(配球)
第5章 セットプレー・PK
第6章 GKメンタル・コーチング


(本書『序章』より/中略)
斜め前に腕と身体を延ばし、斜め前にアプローチして力強く捕る。これがボールにアタックする、ということです。
『アタック』はより力強く、積極的にアクションを起こすドイツのGK像を表しています。
ポジショニング、姿勢、キャッチングから、クロス対応やディストリビューションまで。
現代GKの進化を踏まえた理論を、この本で整理していきましょう。


【著者プロフィール】
川原元樹(かわはら・もとき)

大学卒業後ドイツに渡り、ケルン体育大学に通いながらGKとして6部リーグでプレー。
指導者転向後は、GKコーチとして名高いトーマス・シュリーク氏のもと、アルミニア・ビーレフェルトで育成からトップまで指導を行う。
ハノーファー96ではU-17のGKコーチ、酒井宏樹の通訳としてトップチームに帯同。
VfBシュトゥットガルト、バイヤー・レバークーゼン、TSGホッフェンハイム、シャルケ04などの育成チームで研修を積んだ後、2013年より松本山雅FCアカデミーのGKコーチを3年間務めた。
2017年からFC岐阜トップチームGKコーチに就任。

清水英斗(しみず・ひでと)
プレーヤー目線で試合の深みを切り取るサッカーライター。
著書は「サッカー観戦力 プロでも見落とすワンランク上の視点」(東邦出版)、「サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術」(中央公論新社)、「池上正の子どもが伸びるサッカーの練習」(池田書店/編著)、「アホが勝ち組、利口は負け組~サッカー日本代表進化論~」(秋田書店)など。



お客様の声

新規コメントを書き込む