検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品コード: syo5455

サッカー日本代表戦術アナライズ

価格(税込): 1,620
数量:
カゴに入れる
【商品名】サッカー日本代表戦術アナライズ
【著者】西部謙司
【発行】株式会社カンゼン
四六判/272ページ
2018年3月19日発売


史上初!サッカー日本代表の「戦術の歴史」を稀代の戦術解説家が徹底解説!
日本は世界でいかに勝ち、いかに負け、 そしてこれからいかに戦うべきか?

【この本のここがおススメ!】
◎史上初!日本代表の「戦術史」徹底解説書!!
◎ロシアワールドカップで日本代表はどう戦うべきか? その答えが見えてくる!
◎図版をふんだんに使って、日本代表監督の戦術の攻防を徹底図解
◎各年代の試合データも網羅し、名勝負の記録的資料としても重宝
◎知性派フットボーラ―・岩政大樹選手との濃密な戦術対談、特別収録!


しばらく時間が経過してから見直すと、違って見えてくる試合があります。
当時の感情が薄れているぶん冷静になって見えてくるものもありますし、単純に何かを見落としていたというケースもあるでしょう。
そのときに理解できなかったことが、年月が経過したからこそ今は理解できるということもあります。
(中略)
本書ではワールドカップの17試合のほかに5試合を加えた22試合を取り上げました。
追加の5試合はワールドカップに出場していない監督(オフト、ファルカン、加茂、オシム、アギーレ)の最後の試合になります(加茂監督だけは最後から2番目ですが)。
監督別にオフト監督からアギーレ監督まで、それぞれの集大成としてのゲームを振り返ることで、日本代表が歩んで来た道のりを俯瞰できるのではないかと思います。
(プロローグより一部抜粋)


【目次】
プロローグ 日本=「フィジカルが弱い」「メンタルが弱い」は間違い


chapter1 オフト─「ディテール」を重視も戦術は硬直化
[Analyze]1993年 米国ワールドカップ・アジア予選 日本 2-2 イラク
勝っていればドーハの“奇跡”だった

chapter2 ファルカン─先鋭的すぎたミラン型戦術2・0の導入
[Analyze]1994年10月11日、アジア競技大会準々決勝 日本 2-3 韓国
幾度となく蹂躙された左サイド

chapter3 加茂周─世界標準「ゾーンプレス」の成功と失敗
[Analyze]1997年9月28日、フランスワールドカップ予選 日本 1-2 韓国
物議を醸した「弱気采配」

chapter4 岡田武史─守備戦術の遅れも強豪国に肉薄できた理由
[Analyze]1998年6月14日 フランスワールドカップ 日本 0-1 アルゼンチン
機能したマンマークとその限界

[Analyze]1998年6月20日 フランスワールドカップ 日本 0-1 クロアチア
思いどおりのプレーを披露

[Analyze]1998年6月26日 フランスワールドカップ 日本 1-2 ジャマイカ
20分までは負けたのが不思議な試合

chapter5 トルシエ─革新的なサッカー観を打ち出した天才型監督
[Analyze]2002年6月4日 日韓ワールドカップ 日本 2-2 ベルギー
まるで見知らぬ国の下部リーグのような試合

[Analyze]2002年6月9日 日韓ワールドカップ 日本 1-0 ロシア
歴史的1勝

[Analyze]2002年6月14日 日韓ワールドカップ 日本 2-0 チュニジア
チュニジアに快勝してグループ首位通過

[Analyze]2002年日韓ワールドカップ決勝ラウンド 日本 0-1 トルコ
最初から最後までチグハグ

chapter6 ジーコ─神様から「日本化」は始まっていた
[Analyze]2006年6月12日 ドイツワールドカップ 日本 1-3 オーストラリア
コンディションの差とゲームプランのミス

[Analyze]2006年6月18日 ドイツワールドカップ 日本 0-0 クロアチア
攻め合いのドローは「やればできる」の証明

[Analyze]2006年6月22日 ドイツワールドカップ 日本 1-4 ブラジル
強力なブラジルの攻撃になすすべなし

chapter7 オシム─準備していたワールドカップ仕様のチーム作り
[Analyze]2007年10月17日 AFCアジア/アフリカチャレンジカップ 日本 4-1 エジプト
アフリカ王者に快勝も力の差はわずか

chapter8 岡田武史─「脱・日本化」がベスト16へのロールモデル
[Analyze]2010年6月14日 南アフリカワールドカップ 日本 1-0 カメルーン
守り合いのゲームに競り勝つ

[Analyze]2010年6月19日 南アフリカワールドカップ 日本 0-1 オランダ
感じなかったフィジカルの差

[Analyze]2010年6月24日 南アフリカワールドカップ 日本 3-1 デンマーク
先取りされていた「ポジショナル・プレー」と「5レーン理論」

[Analyze]2010年6月29日 南アフリカワールドカップ 日本 0-0(PK 5-3) パラグアイ
守り合いの末、PK戦で敗れる

chapter9 ザッケローニ─惨敗の中で見えた日本サッカーの新種
[Analyze]2014年6月14日 ブラジルワールドカップ 日本 1-2 コートジボワール
やらせてもらえなかった「自分たちのサッカー」

[Analyze]2014年6月19日 ブラジルワールドカップ 日本 0-0 ギリシャ
ポセッション70%を記録もギリシャの堅守を守れず

[Analyze]2014年6月24日 ブラジルワールドカップ 日本 1-4 コロンビア
カオスを生んだ大久保のチーム

chapter10 アギーレ─期待値が高かった「4-3-3」の使い手
[Analyze]2015年1月23日 アジアカップ準々決勝 日本 1-1(PK 4-5) UAE
立ち上がりに一発を食らう

エピローグ 日本は「どう」勝ちたいのか?

特別対談 西部謙司×岩政大樹
ピッチレベルの戦術アナライズ



■著者プロフィール
西部謙司(にしべ・けんじ)
1962年9月27日、東京都生まれ。少年期を台東区入谷というサッカー不毛の地で過ごすが、小学校6年時にテレビでベッケンバウアーを見て感化される。以来、サッカー一筋。早稲田大学教育学部を卒業し、商社に就職するも3年で退社。学研『ストライカー』の編集記者を経て、02年からフリーランスとして活動。95年から98年までパリに在住し、ヨーロッパサッカーを中心に取材。現在は千葉市に住み、ジェフ千葉のファンを自認し、タグマ版「犬の生活」を連載中。おもな著書に『1974フットボールオデッセイ』『イビチャ・オシムのサッカー世界を読み解く』(双葉社)、『Jリーグの戦術はガラパゴスか最先端か』(東邦出版)、『戦術リストランテⅠ~III』(ソル・メディア)、『眼・術・戦』、『サッカー右翼サッカー左翼』『4-4-2戦術アナライズ』(カンゼン)など。



お客様の声

新規コメントを書き込む