検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る



新型コロナウイルスの感染拡大防止にあたり、書店様の休業や時間短縮営業が行われています。
それに伴い、幣ショップでは少しでも皆様のお役に立てればと思い、期間限定で幣ショップでご注文の場合は送料無料といたします。

期間:4月13日~5月31日

※今後の状況によっては予告なく送料無料を中止する場合がございますので予めご了承ください。

・代金引換の場合は手数料330円を頂戴します。
・郵便振替・銀行振込の場合、振込手数料はお客様負担となります。

・期間中にご注文をいただいた商品の発送はメール便での発送となります。
・メール便発送不可の場合は発払い(代引の場合はヤマト運輸コレクト)での発送となります。

・お支払方法は、カード決済・代金引換・郵便振替・銀行振込となります。



商品コード: syo5360

世界王者ドイツの育成メソッドに学ぶ サッカー年代別トレーニングの教科書

価格(税込): 2,200
数量:
カゴに入れる

【商品名】世界王者ドイツの育成メソッドに学ぶ サッカー年代別トレーニングの教科書
【発行】株式会社カンゼン
【著者】中野吉之伴
A5判/272ページ
2016年7月4日発売


キッズ年代、U-9、U-12、U-15対応
ドイツの育成は目標をしっかり持って行動することが体現化されており、非常に良い。
湘南ベルマーレ・曺貴裁監督推薦!

育成年代の改革に成功したドイツに学べ!
グラスルーツから強くなる世界最先端の選手育成法

サッカー選手に必要な5大要素
「技術」「戦術」「フィジカル」「メンタル」「思考力」を年齢に応じて段階的に習得

UEFA-Aレベルの資格を持つプロの指導者が贈る
総合的に技術を引き上げる、年代別31種類のトレーニングを収録
【試合中に起こりうる、6つの局面から年代別の技術を習得】

1 攻撃/ビルドアップ(ボールを回して前に運ぶ)
2 攻撃/チャンスメイク・ゴール前(あたっキングサードでの勝負)
3 攻撃から守備への切り替え
4 守備/守備陣形を整え、スライドして相手の攻撃に対応する
5 守備/ボールを奪う状況を作り、奪う(プレス
6 守備から攻撃への切り替え


【CONTENTS】
序章インタビュー

DFB専任指導者に日本サッカーを問う
ベルント・シュトゥーバー

第1章 世界一奪還につながった哲学からの抜本的な改革
1.育成プロジェクトのコンセプト
2.ブンデスリーガ育成機関の義務化
3.エリートシューレの意義
4.シュツットプンクトの整備
5.グラスルーツからの指導者育成

第2章 育成指導の追求と発展が継続的な勝利をもたらす
1.年代別トレーニングの整理と確立
2.育成プロジェクト第一世代への手応え
3.独自のハイプレス・ハイテンポサッカー
4.アンダー世代が欧州王者に輝く
5.オーバートレーニングの弊害
6.15年かけて辿り着いた世界の頂点

第3章 年代別トレーニングの原理原則と基本理論
1.育成年代における指導のあり方
2.サッカーの基本原理
3.試合に生きるスキルと局面の整理
4.年代別トレーニングの基本と必須要素
5.トレーニングの基本理論

第4章 年代別トレーニングの練習メニューの作り方
1.トレーニングデザインの考え方
2.トレーニングメニューの見方
3.幼稚園児
4.小学1・2年生
5.小学3・4年生
6.小学5・6年生


--------
育成年代の抜本的改革が、世界一奪還へつながった

90年代は世界トップの実力を誇ったドイツは、2000年の欧州選手権に惨敗。
ドイツサッカー協会は低迷の理由を分析し、育成年代の強化と改革に乗り出した。

育成プロジェクトのコンセプトを国全体が共有し、新たに年代別のトレーニングの指針を示した。さらにブンデスリーガの各チームに育成機関を義務化し、エリートシューレ(育成システム)を設置、シュツットプンクトの整備、グラスルーツからの指導者育成など……こうした成果が2014年のワールドカップ優勝につながった。

こうしたドイツの成功事例は、日本の育成年代の指導者たちに参考になるはずだ。












著者:中野吉之伴(ドイツサッカー連盟公認A級ライセンス)
1977年7月27日生まれ秋田県出身。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成年代指導のノウハウを学ぶためにドイツへ。現地で2009年7月にドイツサッカー連盟公認A級ライセンスを取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームでの研修を経て、元ブンデスリーガクラブのフライブルガーFCでU-16監督、翌年にはU-16/U-18総監督を務める。2013-14シーズンは、ドイツU-19の3部リーグ所属FCアウゲンでヘッドコーチ、16-17シーズンから同チームのU-15で指揮をとる。



お客様の声

新規コメントを書き込む