熊本地震による被災者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

【熊本地震の影響によるお届け遅延について】
2016年4月14日(木)より発生いたしました熊本地震に伴う影響により、熊本県を含む九州の一部地域に配送の遅延、また熊本県一部地域に配達不能が発生しております。
ご注文確認後、配達不能地域に該当するご住所の場合、随時ご連絡をさせていただきます。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。


商品コード: syo5212

フットボールサミット第15回 『攻め勝つ』ガンバ大阪の流儀

価格(税込): 1,404
数量:
カゴに入れる




第一線のジャーナリスト達が一堂に会するサッカー界の論客首脳会議

【商品名】フットボールサミット第15回 『攻め勝つ』ガンバ大阪の流儀 超攻撃スタイルの未来を問う
【発行】株式会社カンゼン
A5変型/232ページ
2013年10月21日発売

※限定ポストカードは終了いたしました。


▼フットボールサミット開催宣言
 サッカー界の重要テーマを多士済々の論客とともに議論する『フットボールサミット』第15回目の議題は「『攻め勝つ』ガンバ大阪の流儀」です。
 長年にわたり魅力的なスタイルを継続させるガンバ大阪の志は、現在のJリーグでは稀有なものです。「勝ってナンボ」はプロの世界の常。しかし、それだけではアカンとばかりに「おもろく勝ってナンボ」と言わんばかりのサッカーがガンバの哲学=攻撃精神であるように感じています。
 Jリーグができて20年、強烈な個性を放つガンバの存在は、Jリーグを盛り上げる意味でも大変重要に思います。サッカーの魅力とは何か、を常に問いかけてくれているからです。
 今季は長谷川新監督のもと、若手の融合も図りながらチームの進化を目指しています。完成度という面ではまだまだ成長の余地を感じさせます。ガンバ大阪がかつてのように、いやかつて以上に強いチームになるには何が必要なのか? また、クラブが進めるさまざまな改革の手ごたえと課題は何になるのか? 選手の肉声を聞きながら今号では「新生ガンバ大阪」が歩む道を占っていきます。
議長・森哲也


第15回議題 『攻め勝つ』ガンバ大阪の流儀 超攻撃スタイルの未来を問う

■西部謙司
[INTERVIEW] 遠藤保仁
ガンバ・スタイルの神髄


■海江田哲朗
[INTERVIEW] ベールに包まれた二川孝広の魅力と素顔
「沈黙は気まずいです」


■清水英斗
[INTERVIEW] 帰ってきた“ガンバの申し子”
宇佐美貴史の目指す先


■下薗昌記
藤春廣輝、藤ヶ谷陽介、丹羽大輝…
DF陣たちが語る守備改革の現在地

■金子裕希
岡崎建哉、内田達也、大森晃太郎、西野貴治…
新生ガンバの未来を担う若手選手たち
ガンバイズムは受け継がれているか?

■編集部
[全選手アンケート]
チームメイトが明かす! この選手ってこんな人

■下薗昌記
欠けていた2つのピース
倉田秋、佐藤晃大が語る
怪我からの復活とJ1復帰への決意

■下薗昌記
加地亮、明神智和
2人のベテランが見るガンバの現在地

■西部謙司
ガンバ再建のビジョン
長谷川健太が語るチーム改革論

■海江田哲朗
COLUMN
[突撃]CAZI CAFEのお昼ご飯

■鈴木康浩
梶居勝志・二宮博が明かす
ガンバ大阪の強化指針

■鈴木康浩
野呂輝久社長に開く「夢を売る営業力」
新スタジアム建設が切り開くガンバの新たな未来

■宇都宮徹壱
COLUMN
宇都宮徹壱のマスコット探訪記
ガンバボーイ誕生秘話

■鈴木康浩
[ディフェンスマスター]
松田浩の超分析 ガンバ大阪攻略法
タレント軍団を止める「時間と空間」の奪い方

■いしかわごう
COLUMN
[検証]ガンバノミクス
J2で巻き起こる“ガンバ特需”を追え!

■下薗昌記
COLUMN
ガンバ大阪番記者の視点
チームが本当に強くなるために必要なこと

[連載一覧]
■速水健朗
男の子の名前はみんなジネディーヌっていうの Vol.3

■木村元彦
Vol.10 ランコ・ポポヴィッチのFC東京戦記

■佐山ブックマン一郎
A REVIEW OF FOOTBALL BOOKS

■サッカー新刊本紹介

■これが解ければあなたもサッカークイズ王


お客様の声

新規コメントを書き込む
必携!
2013/11/07 投稿者:AKIRA おすすめレベル:★★★★★
読みどころ満載!
すんばらしいガンバ充の一冊。