検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る



【システムメンテナンスのご案内】
いつもジュニサカオンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます。
システムメンテナンスのため、下記の日時ショップがご利用できません。

■12月10日(土)深夜24:00~6:00(予定)

お客様方にはご迷惑をおかけいたしますがご了承いただきますようお願い申し上げます。


商品コード: syo5195

日本人初の韓国代表フィジカルコーチ 池田誠剛の生きざま 日本人として韓国代表で戦う理由

価格(税込): 1,728
数量:
カゴに入れる




【商品名】日本人初の韓国代表フィジカルコーチ 池田誠剛の生きざま 日本人として韓国代表で戦う理由
【著者】元川悦子
【発行】株式会社カンゼン
四六判/240ページ
2013年8月28日発売


はじめて韓国代表として日本と対戦し、「君が代」を韓国のベンチで聞き、迷いながらも韓国代表とともに全力を尽くす決意をした。

岡田武史や洪明甫(ホン・ミョンボ)といった、日韓の名将から絶大な信頼を得るフィジカルコーチがはじめて語る、ロンドン五輪日韓戦の根底にある真実、葛藤、そして、アジアサッカーの強化が日本サッカーの強化に繋がるという思いを一冊に描く。

十字靱帯損傷で現役を引退した経験を生かすべく、フィジカルコーチとなった決意や94年W杯のブラジル代表に帯同した経緯、イタリア代表フィジカルコーチを追ってACミランで学んだこと、そして、Jリーグにおける日本人選手の特徴やフィジカルコーチの置かれている現状を通じて、日本サッカーを強くするための愛のある提言を書き綴る。

奥深いフィジカルコーチングの世界を伝えることで、多くのサッカーファンの目をさらに肥えたものにし、サッカー文化の発展という点で非常に意義深い書籍となっている。

【目次】
第一章 ロンドン五輪の顛末
第二章 韓国という国で得た信頼
第三章 アイデンティティとプロコーチの狭間
第四章 3位決定戦までの道のり
第五章 「プロ化」以前の日本サッカーの土壌
第六章 ブラジルとイタリアで学んだコーチング
第七章 日本サッカーは発展しているか?
第八章 中国サッカーという新たな地平
第九章 改革と格闘する日々
第十章 日本への提言


池田誠剛(いけだ・せいごう)
91年に東日本JR古河サッカークラブのアシスタントコーチに就任。
その後、ジェフユナイテッド市原ヘッドコーチ、フィジカルコーチを経て、94年のW杯に出場したブラジル代表に同行。95年にACミランで研修を経て、97年より横浜マリノスフィジカルコーチに就任。
06年には横浜F・マリノスチーフフィジカルプロフェッサーとなり、07年11月から4月まで釜山アイパークの臨時フィジカル コーチを務める。
08年より浦和レッドダイヤモンズアカデミーセンターフィジカルコーチに就任。
11年、韓国五輪代表フィジカルコーチを経て、 12年から浦和レッズに戻り同職に。
同年12月より中国スーパーリーグ・杭州緑城のフィジカルコーチに就任。
2013年7月より韓国代表フィジカルコーチを兼任。

著者:元川悦子(もとかわ・えつこ)
1967年長野県松本市生まれ。業界紙、夕刊紙記者を経て、1994年からフリーランスのサッカージャーナリストとして活躍する。
現場での精緻な取材に定評があり、Jリーグから高校サッカー、ユース年代、日本代表、海外サッカーまで幅広く取材。世界を駆け回っている。
著書に、『U-22』(小学館)、『黄金世代』(スキージャーナル)、『いじらない育て方 親とコーチが語る遠藤保仁』(NHK出版)、
『僕らがサッカーボーイズだった頃』(カンゼン)、『全国制覇12回より大切な清商サッカー部の教え』(ぱる出版)などがある。


お客様の声

新規コメントを書き込む