検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る



【システムメンテナンスのご案内】
いつもジュニサカオンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます。
システムメンテナンスのため、下記の日時ショップがご利用できません。

■12月10日(土)深夜24:00~6:00(予定)

お客様方にはご迷惑をおかけいたしますがご了承いただきますようお願い申し上げます。


商品コード: syo5192

サッカー戦術サミット 一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

価格(税込): 1,620
数量:
カゴに入れる




【著者】西部謙司
【発行】株式会社カンゼン
四六判/208ページ
2013年7月9日


一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

 Jリーグやなでしこリーグ、日本代表で活躍するサッカー選手はピッチ上で何を思考し、その視界に何を捉え、どのような個人戦術を駆使しているのか。
 ピッチ全体を見渡せるスタンドでは、ほぼすべてが見てとれるといっていい。ただし、平面のフィールドのなかにいる選手は違う。グラウンドに足を踏み入れれば、その視界は一変する。それでもトッププレーヤーは正確にパスをつなぎ、確実にシュートを決め、試合を決定付けるプレーができる。
 フィールド上で、彼らはどのようなサッカー哲学や理論をもとにサッカーをしているのか。一流フットボーラー13人が明かす独自の理論をもとに、それぞれの選手が持つ「個」のサッカー戦術論を著者・西部謙司が探究していく。

【目次】
第1章:佐藤寿人&西川周作(サンフレッチェ広島)進化し続ける広島スタイルの秘密流
第2章:遠藤保仁(ガンバ大阪)天才のプレービジョン
第3章:宮間あや(岡山湯郷Belle)なでしこプレーメーカーの知性と感性
第4章:高橋秀人(FC東京)サッカーを探究するプロフェッサー
第5章:中村憲剛(川崎フロンターレ)見えている世界が変わる瞬間
第6章:柏木陽介(浦和レッズ)感覚派レフティの視界
第7章:レアンドロ・ドミンゲス(柏レイソル)Jリーグの作法
第8章:遠藤康(鹿島アントラーズ)アタッカーの狙い
第9章:栗原勇蔵(横浜F・マリノス)センターバックの練度
第10章:山口智(ジェフ千葉)センターバックのゲームメイク術
第11章:駒野友一(ジュビロ磐田)サイドバックの思考回路
第12章:米本拓司(FC東京)
特別寄稿:本田圭佑と香川真司 日本代表の核となる二つの個性


お客様の声

新規コメントを書き込む