検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る



【システムメンテナンスのご案内】
いつもジュニサカオンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます。
システムメンテナンスのため、下記の日時ショップがご利用できません。

■12月10日(土)深夜24:00~6:00(予定)

お客様方にはご迷惑をおかけいたしますがご了承いただきますようお願い申し上げます。


商品コード: syo5033

高校サッカー勝利学 ―“自立心”を高める選手育成法―

価格(税込): 1,728
数量:
カゴに入れる




勝つことの真の意味がここにある!

【著者】本田裕一郎(流通経済大柏高校サッカー部監督)
【発行】株式会社カンゼン
2009年6月23日発売

全国の頂点に立った名将がたどり着いた“勝つためのメンタリティ”
高校サッカー界で“日本一の指導力”を誇る本田裕一郎監督が、チームを強くするためにいかなる指導を行い、いかなる失敗を繰り返してきてここまで来たのか――。
指導者として、教育者としてどのように子どもたちを見つめ、関わってきたのか、その“指導哲学”の秘密を解き明かす。
現場のサッカー指導者、保護者、高校サッカーファン必読の書!

目次紹介
第1章:とにかく“勝ち”にこだわる
・選手の勝利こそ指導者に求められる使命
・「勝利」を経験した選手は必ず変わる!
・身近なところから「勝利」は始まる
・本当の意味での「強さ」とは?…………etc

第2章:すべては失敗から学んできた
・手探りでスタートした環境作り
・若さゆえの大きな失敗
・言葉でのコミュニケーションの重要性
・高校サッカーに必要な本当の厳しさとは?…………etc

第3章:自由が奪った勝利への執念
・井田監督流テクニックサッカーの追求
・ライバルの存在
・「新サッカー王国・千葉」の誕生
・勝ちにこだわらなかった自分…………etc

第4章:“自立心”を高めるチーム作り
・3度目のチャレンジ
・親代わりとして選手に接する寮生活
・スタッフ強化とチーム作りの工夫…………etc

第5章:日本サッカーに足りないもの
・サッカーは点を取ることがすべて
・日本型育成システムを考える
・日本サッカー変革の時…………etc


著者:本田裕一郎プロフィール
1947年、静岡県生まれ。順天堂大学卒業後、千葉県市原市教育委員会を経て、75年に市原緑高校サッカー部監督に就任。その後、86年に習志野高校に転勤すると、95年にはインターハで初の全国制覇。
2001年から流通経済大柏高校の監督を務め、07年には高円宮杯第18回全日本ユースサッカー選手権大会で全国優勝。翌年1月の第86回全国高校サッカー選手権大会、8月のインターハイも制し、見事3冠を達成した。
これまでに宮澤ミシェル、広山望、福田健二、玉田圭司ら多くの個性あふれるプロ選手を育成している。

お客様の声

新規コメントを書き込む