検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品コード: 5016

サッカー戦術クロニクル トータルフットボールとは何か?

価格(税込): 1,620
数量:
カゴに入れる




戦術について語りつくした、戦術書の決定版!

【著者】西部謙司
【発行】株式会社カンゼン
四六判/264ページ
2008年7月発売


サッカーファン同士の会話において、「戦術」は永遠のテーマである。
しかし、戦術とは「相手チームを負かす」ために生まれていくものであり、その一連の歴史の流れを理解せねば、「新戦術」が生まれてきた本当の意味を理解することはできない。
本書はサッカーの面白みをより深く理解することを目指して書き下ろされた、ファンが待ち望んでいた“戦術書の決定版”である。

戦術というと、すぐにフォーメーションの話になってしまうが、人の並べ方は戦術の一部にすぎない。選手を配置しただけで勝てるなら簡単だ。どういうプレーが有利かを考えて、それをチームで実現する段取りを組み、最終的に人の配置が決まってくる。フォーメーションだけをあれこれいじってみても、仏つくって魂入れずということになりがちである。(本書「はじめに」より)

【CONTENTS】
【Chapter1:時計じかけのオレンジ】
・巨匠ミケルスの傑作
・ボール狩り
・ローテーションアタック
・現代サッカーのデフォルメ

【Chapter2:ACミランのルネッサンス】
・セールスマンから名監督へ
・ゾーンディフェンス
・バレージとオフサイドトラップ
・休息としてのローテーション
・敵陣でのカテナチオ

【Chapter3:バグンサ・オルガニザータ】
・最強ブラジルの4-2-4
・4人の“10番”
・黄金の4人

【Chapter4:天才ヨハン・クライフの挑戦】
・コロンブスの卵
・ウイングプレーヤーの復活
・12個のトライアングル
・アタッキング・フットボール

【Chapter5:アルゼンチンとマラドーナ】
・メノッティの快挙
・メノッティ派VSビラルド派
・マラドーナとエンガチェ

【Chapter6:ジダンとアヤックスの時代】
・90年代のナショナルチーム
・ジダンの異才
・ミラン4-0バルセロナ
・マイティ・アヤックス

【Chapter7:ギャラクティコ】
・20世紀のレアル・マドリード
・パッチワーク
・偉大なノスタルジーのチーム

【Chapter8:モウリーニョの4-3-3】
・ビッグマウスからカリスマへ
・プレッシングエリアを下げる
・ファウルに強いドロクバ
・ポゼッションによる休息

【Chapter9:ハードワークの現代】
・ロナウジーニョと新ドリームチーム
・アーセナルのバイタルエリア活用法
・ASローマの“ゼロトップ”
・天才がハードワークするマンチェスター・ユナイテッド
・ミランのマルチロール

【Chapter10:トータルフットボールの起源】
・紙男とヴンダーチーム
・マイスルとホーガンが出会うとき
・母国イングランドの盛衰
・マジック・マジャール


西部 謙司(にしべ・けんじ)
1962年9月27日、東京生まれ。
少年期を台東区入谷というサッカー不毛の地で過ごすが、小学校6年時にテレビでベッケンバウアーを見て感化される。以来、サッカー一筋。早稲田大学教育学部を卒業し、商事会社に就職するも3年で退社。サッカー専門誌の編集記者となる。
95~98年までフランスのパリに在住し、欧州サッカーを堪能。
現在はフリーランスのサッカージャーナリストとして活躍。

お客様の声

新規コメントを書き込む