検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
NEW
商品コード: syo5449

【予約受付中】道を教え、「自立」へ導く

価格(税込): 1,728
数量:
カゴに入れる




【商品名】道を教え、「自立」へ導く 花咲徳栄の人間育成術
【著者】岩井隆
【発行】株式会社カンゼン
四六判/224ページ
2018年2月19日発売予定
※発売日などは変更になる場合がございます。

コチラの商品は予約商品となります。発送は発売日予定となります。他の商品と一緒にご購入いただいた場合、本商品にあわせての発送となります。


“多角的”に想像できる選手なくして、強いチームは生まれない!

2017年夏の甲子園優勝監督が明かす、未来を見据えた人づくり

野球部は「社会」の縮図。
一人ひとりが役割を果たし、生きる道筋をつくる

「自立した人間は、今後の人生で壁にぶつかってもきっと乗り越えられる」
「将来、組織やチームの中心となる人材になってほしい」

2017年、なぜ花咲徳栄は夏の甲子園を制することができたのか。
勝因の一つに岩井監督が常々話してきた、選手の「自立」がある。
学校の部活動の一貫、教育の一貫として、野球部が存在する。
有名私立校、有名強豪校とは一線を画したアプローチで選手を育てながら、それでも近年プロ野球選手も多数輩出するのはなぜか。

自分たちで想像し自分たちで決断して行動する。
岩井流 選手の育て方を1冊に収録。

【著者からのメッセージ】
私たち指導者が基準にしているのは、人としての考え方を身につけさせることだ。
そして、それを生み出しているのは日本人特有の“道(どう)の精神”だと思う。
日本における、道の精神。華道、茶道、書道、弓道、柔道、剣道、空手道、相撲道、武士道……。そして、野球道。
“道”とは何かと言うと、形を教えることだと思う。
形がないものはすぐに崩れてしまうから、長続きしない。
現在の花咲徳栄野球部も、道徳を重んじながらこれまでつくってきた一定の形、倫理観などを崩したら、あっという間にバラバラになってしまうだろう。
生き方は人それぞれなので、教えることはできない。それぞれの立場や置かれた環境によって変わっていくと思う。
ただ、考え方を教えることはできる。その基本さえしっかりしていれば、どんな立場、どんな環境になったとしても、人として対応できるのではないかと思う。

【目次】
第1章 チームをつくる道
第2章 専門性を磨く道
第3章 人材を育成する道
第4章 勝負にこだわる道
第5章 心を育てる道


【著者プロフィール】
■岩井隆(いわい・たかし)
1970年1月29日生まれ、埼玉県川口市出身。桐光学園高、東北福祉大では内野手としてプレー。
卒業後に花咲徳栄高に社会科教諭として赴任し、野球部のコーチに就任。
2000年10月に当時の監督、稲垣人司氏が逝去すると、後任として同校野球部の監督に就任。
指揮を執って1年目の2001年夏には初の甲子園出場へと導く。以降、2017年夏まで甲子園に春夏通算9回出場。
2017年夏の甲子園で、埼玉県勢初の日本一に輝く。
教え子には現ロッテの根元俊一、オリックス・若月健矢、西武・愛斗、広島・髙橋昂也、オリックス・岡﨑大輔、2017年埼玉西武ドラフト2位で入団の西川愛也、中日にドラフト4位で入団の清水達也、大学を経てDeNAにドラフト8位入団の楠本泰史らがいる。


お客様の声

新規コメントを書き込む

その他のオススメ商品

高校野球 埼玉を戦う監督たち
価格(税込):
¥1,728