検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品コード: syo5407

信念 己に勝ち続けるという挑戦

価格(税込): 1,944
数量:
カゴに入れる




【商品名】信念 己に勝ち続けるという挑戦
【発行】株式会社カンゼン
【著者】ディエゴ・シメオネ
【翻訳】江間慎一郎
四六判/256ページ
2017年6月20日発売


どのようにしてチームを世界トップクラスに導いたのか。
チームを強くする秘訣、シメオネ監督のサッカー哲学を紐解く

13-14シーズンにアトレティコ・マドリーを18年ぶりのリーグ優勝に導いた名将シメオネ。
現役時代の逸話から、監督となりチームを強くした経験、サッカー哲学、選手たちへの熱き想いなど。
モチベーターであるシメオネの監督論にも触れた本格自伝。


 シメオネ自身によって語られる闘将の軌跡。世界的名将の知られざる素顔が明かされる。“チョロ”ことディエゴ・シメオネは、高いインテンシティでもってフットボールを、そして人生を生きている。

 日々の成長こそが動力であり、困難は最高の学びの場なのだ。アドレナリン全開で勇壮な出来事も語られる。彼はよく知っている。努力と忍耐こそ夢の実現に不可欠なものだということを。

 選手、監督としてのキャリアにまつわる逸話、そしてフットボールについての深淵な分析を通して、本書は「信じる」ことで前へ踏み出せると説く。人生についての見識、そして濃密過ぎるエネルギーが読者に提供されることだろう。


選手たちの覚悟を引き出す珠玉の言葉
「危機的な状況というものは素晴らしい。学びを得るためには最高である」

「調子が良いときには、クソったれな状況にいたことを忘れてしまう。だが絶対に忘れてはならない」

「苦境から自ずと抜け出せることなどあり得ないし、誰も救い出してはくれない。待つのではなく、泳がなくてはならないのだ」

「ただ、とても困難であるだけなのに、なぜ不可能と言い切れるのか私にはわからない。困難の中にも可能性があることを認めるべきなのだ」

「まだ到達していない目標のために胸を高鳴らせるのは、何にも増して危険な瞬間である」

「個人的な奮闘が利己的なものであるとは思わない。集団の助力となる上で個人として良い仕事を実現する以外の出発点はないだろう」



【目次】
第1章 夢見る
第2章 学ぶ
第3章 感動させる
第4章 追いかける
第5章 争う
第6章 己を制する
第7章 評価する
第8章 組織する
第9章 勝利する
第10章 先導する
第11章 教示する
第12章 訓練する
第13章 克己する
第14章 競争する
第15章 観察する
第16章 計画する
第17章 感じ取る
第18章 戦う
第19章 感じる
訳者あとがき



著者
ディエゴ・シメオネ
Diego SIMEONE

1970年4月28日生まれ。クルブ・アトレティコ・ベレス・サルスフィエルドで選手としてのキャリアをスタートさせ、弱冠20歳でイタリアのクラブ、ピサに移籍。その後はセビージャ、アトレティコ・デ・マドリーとスペインでプレーし、アトレティコでは2タイトルを獲得した。
スペインでの挑戦の後にはイタリアへと戻り、インテルで1タイトル、ラツィオで3タイトルを獲得。アトレティコ・デ・マドリーに復帰して2年プレーし、その後加入したアルゼンチンのラシン・クルブ・アベジャネーダで選手としてのキャリアを終えた。
アルゼンチン代表としては106試合に出場して11得点を記録。コパ・アメリカを2回、コンフェデレーションズカップを1回制覇し、アトランタ五輪で銀メダルを勝ち取っている。
2006年にラシン・クルブで監督としてのキャリアをスタート。次に率いたエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタで初めてチームを優勝に導き、リーベル・プレートでもリーグ優勝を成し遂げている。その後にはサン・ロレンソ・デ・アマルゴ、カルチョのカターニアで指揮を執り、2011年には再びラシンを率いた。
11-12シーズンからアトレティコ・デ・マドリーの監督を務め、同クラブではヨーロッパリーグ(2011-12)、欧州スーパーカップ(2012-13)、コパ・デル・レイ(2013-14)、リーガエスパニョーラ(2013-14)優勝を達成し、さらに2013-14、2015-16シーズンにはチャンピオンズリーグの決勝まで到達した。

翻訳
江間慎一郎
えま・しんいちろう

1983年生まれ。東京出身。携帯サッカーサイトの編集職を務めた後にフリーのサッカージャーナリスト・翻訳家となり、スペインのマドリーを拠点に活動する。
寄稿する媒体は「フットボール批評」「フットボールチャンネル」「Goal.com」「スポニチ」などで、「フットボール批評」ではスペインを代表するサッカーマガジン「パネンカ」との提携を実現。「パネンカ」の記事をはじめ、スペインのスポーツジャーナリズムにおいて独創性が際立つ記事を翻訳して紹介している。
アトレティコ・マドリーのホーム戦は毎試合取材しており、シメオネ率いるアトレティコの成長と奇跡を見続けている。


お客様の声

新規コメントを書き込む