検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
【発送作業休止のご案内】
9月22日は、誠に勝手ながら発送作業を休止とさせていただきます。この期間のご注文、お問合わせはお受けしておりますが、発送やお返事は翌営業日より順次ご対応させていただきます。何卒よろしくお願い申し上げます。

NEW
商品コード: syo5349

捕手異論 一流と二流をわける、プロの野球『眼』

価格(税込): 1,728
数量:
カゴに入れる




【商品名】捕手異論 一流と二流をわける、プロの野球『眼』
【発行】株式会社カンゼン
【著者】里崎智也
四六判/240ページ
2017年5月9日発売


セオリーを疑えば野球の本質が見えてくる
異端キャッチャーの、“型破り”な野球の見方

「うまく」「強気に」の言葉ほど疑え! 責任回避のサイン
デキる捕手は相手打者の「影」を見る
「送りバント」「ジグザグ打線」は本当に有効?
安易な野手コンバートは、捕手人材難を助長
WBC敗退で見えた日本野球の課題……etc

ナイツ 塙宣之との“延長戦”放談収録

第1回WBC優勝、2度の日本一に輝いた男がズバッと一刀両断!
野球が100倍楽しくなる18の視点

(著者からのメッセージ)
野球というスポーツをより主体的に楽しもうと思えば、取りまく環境の変化への“適応”を絶えず求められる僕らと同じく、観る側であるみなさんもまた自身の“視点”をつねにアップデートしておく必要があるわけだ。
もちろん、野球観を論じた書籍は世のなかにもすでにたくさん存在するし、そこに書かれていることが「間違いだ」などと言う気もさらさらない。

本書にまとめたのはあくまで、キャッチャーという立場で16年間にわたってプロ野球に携わってきた僕が、実際にプレーをする当事者のひとりとして感じ、考えてきたことばかり。
誰もが疑いの目を向けていなかった球界の“常識”とされる物事にさえ、あえて異を唱えているのも、僕自身が誰より球界の進化・発展を願っているからに他ならない。
なかには「文句ばかり言って!」とあきれる方もいるかもしれない。
だが、そんな僕の“異論”に、みなさんのもつ野球観が少しでも刺激されるようなら、著者としてこれほどうれしいことはないのだ。

【目次】
1回表 プロ野球は「曖昧な言葉」であふれている
1回裏 捕手が「リード」を語るまえにすべきこと
2回表 慢性的な「捕手不足」はなぜ起きる?
2回裏 安易な「コンバート」が人材難を助長する
3回表 相性優先の「専属捕手」はアリか、ナシか
3回裏 「盗塁阻止」の失敗は6対4で投手の責任である
4回表 捕手目線から見た「一流投手」の条件とは?
4回裏 デキる捕手は相手打者の「影」を見る
5回表 近頃よく聞く「誤審が増えた」は本当か?
5回裏 決められたルールに従うのがプロである
6回表 「強打者=クリーンアップ」が最善の策とはかぎらない
6回裏 「送りバント」や「ジグザグ打線」は有効か?
7回表 野球ほど「無駄」の多いスポーツはない
7回裏 もし里崎が「球団フロント」になったなら
8回表 「ポストシーズン」、「交流戦」は必要か!?
8回裏 日本の野球が「世界」と戦うために
9回表 行使しなかった僕が「FA制度」に思うこと
9回裏 「キャラ」を演じてこそ本当のプロである
延長戦 スペシャル対談 里崎智也×塙宣之(ナイツ)


里崎智也
1976年5月20日徳島県生まれ。鳴門工(現鳴門渦潮高)、帝京大学を経て、 98年のドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズを逆指名して、入団。
03年に78試合ながら打率3割をマークし、レギュラー定着の足がかりをつくる。
05年は橋本将との併用ながらも、日本一に貢献。06年にはWBC日本代表として世界一にも輝いた。
持ち前の勝負強さで数々の名シーンを演出。
00年代の千葉ロッテを牽引した“歌って、踊って、打ちまくる”エンターテイナーとして、ファンからも熱烈に支持された。14年限りで現役引退。現在はプロ野球解説者・評論家を務める。



お客様の声

新規コメントを書き込む