検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
商品コード: syo021

あふれるまで愛をそそぐ 6歳までの子育て

価格(税込): 1,404
数量:
カゴに入れる




愛が伝わる!子どもが変わる! 実例でわかる、親の愛の伝え方

【著者】本吉 圓子(NPO法人子どもの教育 幼児部門代表)
【発行】株式会社カンゼン
四六判/200ページ/ISBN 4-901782-87-8
2006年8月10日発売

幼児にとって“甘え”は食事と同じです。
一見ふつうの子が「甘え不足症候群」ということがよくあります。親は愛しているつもりなのに、それが子どもには伝わっていないのです。でも、親の愛が伝わったとき、子どもはたちまち変身します。伝わる愛と伝わらない愛とはどこがどう違うのか? 子どもに親の愛をしっかりと伝えるにはどうすればいいのか? 実例ではっきりわかる本です。
 子どもの心の琴線にふれる的確な援助で劇的に変わっていく子どもたち――子育て中の親にとって、また保育者にとって興味津々の本です。

【目次】
1章 子どもの心にひびく愛、ひびかない愛】

・幼いときほど大切な親の愛
・“小さな望み”に応えてあげる
・子どもが今お母さんに一番してほしいこと
・親のしてくれることに子どもは敏感
・上の子に10年分の愛をそそぐ
・子どもの心を動かすのはモノではない
・今してほしいことにすぐ応えてあげたら
・小さい子ほど「みんなといっしょ」がいや
・ままごと遊びを軽く見ないで!
・子どもは大人をじっと見ている
……etc

2章 あふれるまで愛をそそぐ時、子どもが変わる
・親の愛が子どもに伝わらない
・「もういいよ」というまでつきあう
・心が満たされるとやさしくなれる
・親の愛を伝える最高の方法
・子どもの最高の喜び
・お母さんの支えがあれば子どもはがんばる
・子どもが困難にぶつかったとき
・その子の“場”を作ってあげる
・子どもの光るところを見つけてあげる
・私が出会ったすばらしい保育者
……etc

3章 甘え不足症候群の子どもたち
・小学5年生でも甘えたい
・甘えが足りるとスパッと自立する
・かわいがって育てると、親も本人もあとがラク
・「私、もう壊れそうなんです。死にたい!」
・おねしょをする子はやさしくて感受性が豊か
・朝のグズグズも甘え不足症候群
・みんな抱っこが足りない
・「よい子」のストレスで寝ぼけや脱毛に
・「好きなことだけやる」では人間が育たない
・一度もしからないで3人の子どもを育てたお母さん
……etc



お客様の声

新規コメントを書き込む
読んで良かったと本当に思える本
2015/07/24 投稿者:愛情って?お悩みママ おすすめレベル:★★★★★
本当に甘えさせだけでいいのか自分の育児方法に夫も私も不安を抱えていました。この本と出会い、「愛をそそぐことに制限がない」ことを教えてもらいました。お友達にもすすめたい1冊です。