検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
【発送作業休止のご案内】
9月22日は、誠に勝手ながら発送作業を休止とさせていただきます。この期間のご注文、お問合わせはお受けしておりますが、発送やお返事は翌営業日より順次ご対応させていただきます。何卒よろしくお願い申し上げます。

商品コード: syo5320

サッカー通訳戦記

価格(税込): 1,728
数量:
カゴに入れる




【商品名】サッカー通訳戦記
【著者】加部究
【発行】株式会社カンゼン
四六判/248ページ
2016年5月18日発売


すべてを知っている男たちはいま、何を語るのか?
サッカー通訳しか知りえない、名将・名選手との秘話や戦いの舞台裏、そして通訳としての生き様。


歴代サッカー日本代表監督の通訳からJリーグで活躍した助っ人選手&名将の通訳まで、総勢10人のサッカー通訳たちが明かす日本サッカー史に残る激闘の秘話と通訳としての生き様を描く重厚なノンフィクション!

【もくじ】
間瀬秀一(オシム通訳) 通訳から監督へ、オシムを超えようとする男
フローラン・ダバディ(トルシエ通訳) 激情をかみ砕くパリよりの使者
鈴木國弘(ジーコ通訳) サッカーの神を間近で崇めた最高の信徒
鈴木徳昭(オフト通訳) ワールドカップにもっとも近づいた日々の記憶
高橋建登(ホン・ミョンボ通訳他) 知られざる韓流スターの苦悩を解したハングルマスター
山内直(オジェック通訳) 忠実に指揮官の怒りを伝えた無色透明な存在
中山和也(川崎フロンターレ通訳) ブラジルと日本に愛された明朗快活の極意
小森隆弘(ミゲル・ロドリゴ通訳) マルチリンガル、流れ流れてフットサル界の中枢へ
塚田貴志(ポポヴィッチ通訳他) 空爆後のセルビアで憶えた言葉が生涯の友に
白沢敬典(クルピ、フォルラン通訳他) ガンジーさんと呼ばれて――敬虔なる通訳の姿













加部究(かべ・きわむ)
立教大学法学部卒業。ワールドカップは男女合わせて7度、欧州カップファイナルは10度、各大陸選手権は8度取材のサッカージャーナリストの第一人者。『サッカーダイジェスト』(日本スポーツ企画出版社)などで連載中の。おもな著書に『サッカーを殺すな』『サッカー移民』『大和魂のモダンサッカー』(以上双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)、『忠成』(ゴマブックス)、『真空飛び膝蹴りの真実』(文春ユネスコ)などがある。



お客様の声

新規コメントを書き込む