熊本地震による被災者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

【熊本地震の影響によるお届け遅延について】
2016年4月14日(木)より発生いたしました熊本地震に伴う影響により、熊本県を含む九州の一部地域に配送の遅延、また熊本県一部地域に配達不能が発生しております。
ご注文確認後、配達不能地域に該当するご住所の場合、随時ご連絡をさせていただきます。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。


商品コード: FQ010

フットボール批評issue10

価格(税込): 1,242
数量:
カゴに入れる




【発行】株式会社カンゼン
B5判/128ページ
2016年3月7日発売


『フットボール批評issue10』誤植のご報告とお詫び


【特集】10年後に消えるクラブ、100年後も残るクラブ
Jリーグがプロ化して23年、クラブ数も拡大し、ともすると原点を忘れそうになる今だからこそ、改めてサッカークラブの存在価値とは何かを徹底的に問う。100年後も愛されるクラブであるために必要なことは何なのか?


【イチオシ記事】
●Jリーグ最多得点記録の佐藤寿人選手がゴールを奪うための理論を徹底解説したインタビュー
●世界中で知らない人はいないあのボスマン判決のボスマンへのインタビュー
●特集ではFC東京、名古屋グランパス、ジェフ千葉、大分トリニータなど改革を進めるクラブを総力取材、サッカークラブの存在意義を検証
●巻末にはリオ五輪への道を切り拓いて時の人になった原川力選手(川崎フロンターレ)のロングインタビュー


【もくじ】
≪緊急告発≫捏造記事を許すな
日本のサッカーメディアに流通する海外サッカー監督&選手のエアインタビュー記事の大罪◇田崎健太

・[スペシャルインタビュー]佐藤寿人 ゴールへの道筋◇木之下潤


・[ボスマン インタビュー]ボスマン判決がもたらしたものとは何か?
アルベルト・フェルナンデス、マリオ・オルナト、ハビエル・プリエト・サントス、江間慎一郎

・サッカークラブの寿命 古今東西、盛者必衰のサイクル◇後藤健生

・拝啓、100年後の社長へ 現Jクラブ社長が書く、100年後の社長へ送るメッセージ

・首都東京の未来図①
FC東京がJの覇権を握り、アジアのビッグクラブになるための設計図 立石敬之GMが語る壮大なヴィジョンと“非常識”◇加部究


・首都東京の未来図②
第三勢力の胎動 Jを目指す東京武蔵野シティフットボールクラブの決断◇後藤勝

・ジェフ千葉は生まれ変われるか? 高橋悠太新GMが描く再生の道筋◇西部謙司


・名古屋グランパスのアイデンティティを問う
久米一正社長に聞く改革のビジョン◇木村元彦

・約束の地 オンリー・ワンを目指す北海道コンサドーレ札幌は北の大地を揺らせるか?◇ミカミカンタ

・ファジアーノ岡山創設記◇海江田哲朗


・大分トリニータは10年後の未来を描けているか?
消し去られた「歴史」と書き換えられた「理念」◇宮明透

・李済華(FC琉球ゼネラルマネジャー)
日本サッカーを変える新GM論◇小澤一郎

・ブリオベッカ浦安が描く未来◇宇都宮徹壱

・【守備のセオリーに反するサムライたち 第10回】
天皇杯決勝:浦和レッズvsガンバ大阪 なぜこれほどまでに適当な攻撃と緩慢な守備が繰り返されるのか◇フランチェスコ・マクリ、宮崎隆司

・ブラッターに最も近い日本人
元電通専務・高橋治之が語る真実 第5回◇田崎健太

・フットボール星人・観察ファイル25
友情という名の武器を持ったU-23日本代表◇小田嶋隆

・[インタビュー]チェーポの本音対談 vol.6 原川力(川崎フロンターレ)
……ほか



お客様の声

新規コメントを書き込む