検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

【ゴールデンウィークのご案内】
5月3日~7日の5日間は、まことに勝手ながら長期休暇とさせていただきます。
この期間のご注文、お問合わせはお受けしておりますが、商品の発送・お問い合わせのお返事・ご連絡などは、休止させていただきますのでご了承ください。
休暇終了後、順次ご対応させていただきますが、ご注文やお問合わせが多く寄せられた場合、発送が通常より1日~2日遅れる場合がございますことご理解賜りますようお願い申し上げます。
5月2日の10時までに、在庫がある商品をご注文をいただいた場合は5月2日中に発送させていただきます。
メーカー取寄せ商品のご注文に関しましては、メーカーの状況により、取寄せにお時間をいただく事もございますのであらかじめご了承願います。


商品コード: syo5316

サッカーFW陣形戦術クロニクル 最前線のユニット進化論

価格(税込): 1,620
数量:
カゴに入れる



【商品名】サッカーFW陣形戦術クロニクル 最前線のユニット進化論
【発行】株式会社カンゼン
【著者】西部謙司
四六判/256ページ
2015年8月21日発売


サッカー戦術解説の第一人者がFWの陣形(ユニット)から戦術の進化を読み解く、至高の戦術エンターテイメント本。

5トップ、4トップ、3トップ、2トップ、1トップ、0トップ……
なぜ時代の流れとともにFWの枚数は減り続けてきたのか?

サッカー史上、最も攻撃的な布陣は3トップか0トップか?
4-3-3が「技術者のフォーメーション」、4-4-2が「フィジカルと戦術のフォーメーション」と評される理由は?

メッシ、スアレス、ネイマールのトリデンテが欧州の頂点を極めたいま、最前線のユニットがいかにしてサッカーを変革してきたのか、そしてFWと戦術の未来を徹底解析していく。

“サッカーを知る”ためにはFWを知らなければならない。FWの陣形で戦術は決まるからだ。


【目次】
プロローグ 先史時代の6トップ

Chapter1 5トップ 名ウインガーを生んだWの時代
オフサイド・ルール変更とWMシステム/スタンレー・マシューズとウイングの名手たち/1000得点を超えのフリーデンライヒ/ディ・ステファノが憧れた男と第1回ワールドカップ得点王/ヴンダーチームと紙の男/5000ゴールの“ペピ”/黒いダイヤモンド/イタリアのメトード

Chapter2 4トップ アタックラインはM型
ラ・マキナ/無冠の王者/ハンガリーのM/マラカナの悲劇とベルンの奇跡/白い巨人と黄金の矢

Chapter3 3トップ カテナチオの台頭と“偽9番”の復活
ブラジルの4-2-4/エル・レイ/60~70年代の3トップいろいろ/黒豹エウゼビオ/カテナチオの台頭/リスボン・ライオンズとマンチェスター・ユナイテッド/トータルフットボールの時代

Chapter4 2トップ 黄金の4人と華麗なる四銃士
66年イングランドの2トップ/リバプールの4-4-2/黄金の4人/ナンバー10の時代/プレッシング時代の2トップ

Chapter5 1トップ クリスマス・ツリーとトリデンテ
4-2-3-1とサンパウロ/クリスマス・ツリー/3-4-3/生き残った最後の10番

Chapter6 0トップ 攻撃サッカーの究極形3-7-0
3-7-0とメッシをめぐる攻防/レアルとバルサの大艦巨砲主義/ウイングプレーヤーの変質/守備ブロックに組み込まれたFW

エピローグ FWと戦術の未来


【著者プロフィール】
西部謙司 にしべ・けんじ
1962年9月27日、東京都生まれ。少年期を台東区入谷というサッカー不毛の地で過ごすが、小学校6年時にテレビでベッケンバウアーを見て感化される。以来、サッカー一筋。早稲田大学教育学部を卒業し、商社に就職するも3年で退社。学研『ストライカー』の編集記者を経て、02年からフリーランスとして活動。95年から98年までパリに在住し、ヨーロッパサッカーを中心に取材。現在は千葉市に住み、ジェフ千葉のファンを自認し、タグマ版「犬の生活」を連載中。著書に『1974フットボールオデッセイ』『イビチャ・オシムのサッカー世界を読み解く』(双葉社)、『Jリーグの戦術はガラパゴスか最先端か』(東邦出版)、『サッカーで大事なことは、すべてゲームの中にある』(出版芸術社)、『戦術リストランテIII』(ソル・メディア)、『サッカー戦術クロニクル』『サッカー3バック戦術アナライズ』『眼・術・戦』(小社)などがある。



【関連リンク】
【FWの陣形と戦術の謎】3、2、1、0トップ…FWの枚数が少ないと攻撃力は低下するのか?


お客様の声

新規コメントを書き込む