検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る



【システムメンテナンスのご案内】
いつもジュニサカオンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます。
システムメンテナンスのため、下記の日時ショップがご利用できません。

■12月10日(土)深夜24:00~6:00(予定)

お客様方にはご迷惑をおかけいたしますがご了承いただきますようお願い申し上げます。


商品コード: syo5280

ルイ・ファン・ハール 鋼鉄のチューリップ

価格(税込): 2,268
数量:
カゴに入れる

【商品名】ルイ・ファン・ハール 鋼鉄のチューリップ
【発行】株式会社カンゼン
四六判/456ページ
2014年12月19日発売

2014-15シーズン、マンチェスター・ユナイテッドの新監督に就任したファン・ハールは名将か暴君か。これまで率いてきたすべてのクラブで国内リーグ制覇を達成し、2014年のワールドカップでは下馬評の低かったオランダ代表を3位に導いたオランダ人名将、ルイ・ファン・ハールにオランダ人解説者が迫る。

彼はなぜ好成績を残しながらも安住の地を見つけられないのか。
幼少期、現役時代からマンチェスター・ユナイテッド就任後まで、ファン・ハールのフットボール哲学を、オランダ人解説者が余すことなく描いた、バイオグラフィーの決定版。


【目次】
まえがき 我が道を行く男
第1章 若き日々。サッカー選手としてのファン・ハール
第2章 スパルタとAZの明暗
第3章 アヤックス、そしてオランダ学派
第4章 鋼鉄のチューリップ
第5章 アムステルダムでの黄金時代
第6章 ファン・ハールと神
第7章 バルセロナ
第8章 オランダ代表監督
第9章 再び、バルセロナとアヤックスへ
第10章 ファン・ハールとメディア
第11章 AZへの復帰
第12章 ルイ・ファン・ハール・メニュー
第13章 ついに叶った夢、バイエルン・ミュンヘン
第14章 「チューリップ将軍」
第15章 チャンピオンズリーグでの戦い
第16章 ファン・ハールvsモウリーニョ
第17章 ファン・ハール革命と2010年W杯
第18章 バイエルン・ミュンヘンとの別れ
第19章 ビロード革命か、内戦か
第20章 そしてファン・ハールは蘇る
第21章 ファン・ハール2.0
第22章 マンチェスター・ユナイテッドへ
訳者あとがき
ルイ・ファン・ハール略歴

【著者】マーテン・メイヤー(Maarten Meijer)
オランダ出身の解説者。モスクワ大学博士号(ロシア文学)を持つ。2000年から韓国に生活の基盤を置き、作家、サッカー解説者として活躍する一方、2006年から韓国のインターナショナルスクールで哲学と倫理を教えている。著書に『マーテンよ、韓国の何がそんなに良いんだ?』(2005:韓国)、『フース・ヒディンク』(2006:オーストラリア)、『ディック・アドフォカート』(2009:オランダ)、『受験戦争』(2009:韓国)、『フース・ヒディンク:名監督の肖像』(2010:オランダ)などがある。

【監訳】田邊 雅之(たなべ・まさゆき)
1965年、新潟県生まれ。『Sports Graphic Number』をはじめとして、学生時代から携わっていた様々な雑誌や書籍の分野でフリーランスとして活動を始める。2000年からナンバー編集部に所属。ライター/翻訳家/編集者という三つのわらじを履いて多数の記事を手掛けた後、W杯南ア大会を最後に再びフリーランスとして独立。主な著書に『ファーガソンの薫陶』(幻冬舎)、翻訳書に『ブライアン・グランヴィルのワールドカップ・ストーリー』(新紀元社・共訳)、『サッカー株式会社』(文藝春秋)、『知られざるペップ・グアルディオラ』(朝日新聞出版)等。


お客様の声

新規コメントを書き込む