検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る



【システムメンテナンスのご案内】
いつもジュニサカオンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます。
システムメンテナンスのため、下記の日時ショップがご利用できません。

■12月10日(土)深夜24:00~6:00(予定)

お客様方にはご迷惑をおかけいたしますがご了承いただきますようお願い申し上げます。


商品コード: syo5278

フットボールサミット第25回 鹿島アントラーズ サッカー王国のつくりかた

価格(税込): 1,404
数量:
カゴに入れる




第一線のジャーナリスト達が一堂に会するサッカー界の論客首脳会議

【商品名】フットボールサミット第25回 鹿島アントラーズ サッカー王国のつくりかた
【発行】株式会社カンゼン
A5変型/232ページ
2014年10月6日発売



限定ポストカード付。
こちらのポストカードは無くなり次第終了となります。


サッカー界の重要テーマを多士済々の論客とともに議論する『フットボールサミット』
第25回目の議題は「鹿島アントラーズ サッカー王国のつくりかた」です。

Jリーグの三大タイトル(リーグ戦、天皇杯、ナビスコ杯)を合わせて16冠、鹿島アントラーズはそれぞれで最多優勝回数を誇ります。
栄華を極めたクラブであればこそ、当然ながらいつか一時代は終わり、同時に新たな時代をむかえていくものです。
ただ常勝を掲げるクラブの姿勢は揺らぐことはありません。
未来を見据え、強化は連綿と継続され、先々の経営戦略を模索し、けして大規模な都市ではないながらサッカーにおける強固な基盤を築きあげました。
伝統を継続し、成果を顕示する様は指向するブラジルの仕様さながら「サッカーの王国」と言っても過言ではない存在感を手にしたように思います。
創設から20年以上の時を経て、クラブは変わったのか?貫かれている信念とは何か?その上でどのような未来を見据えるのか?
鹿島アントラーズがつくってきた根幹、そして現在の姿について関係者の話をもとに考察していきます。
(編集長・川口昌寿)


【目次】
・鹿島アントラーズの軌跡
・なぜトニーニョ・セレーゾだったのか? タイトル奪還へのシナリオ■田中滋
・柴崎岳の視界 探究心が向かう先■西部謙司
・昌子源のもがき これからの若手がやるべきこと■小室功
・コーチ大岩剛が語る 鹿島のセンターバック像■北條聡
・鹿島のGM論 優勝を狙わずして編成するなかれ■藤江直人
・鈴木秀樹事業部長に聞く 365日賑わうスタジアムのつくりかた■鈴木康浩
・熊谷浩二 トップで戦える選手は育てられるか?■田中滋
・椎本邦一 スカウトの流儀■田中滋
・高井蘭童 栄光とともに歩む通訳の矜持■田中滋
・雄飛寮の回顧録 初代管理人が語る憩いの場■小室功
・岩政大樹 鹿島の十年■田中滋
・ジーコの教え 原点はいかに生まれたのか?■大野美夏
・ビスマルクが語る鹿島の黄金期 優勝請負人はいまどこでなにを。■大野美夏
・英国記者が見る鹿島の不思議■小室功
・鹿島イズム 継承の現在地 ヤングアントラーズの躍進に見るもの■北條聡
・【連載】日本サッカーの「土」をつくる■海江田哲朗


お客様の声

新規コメントを書き込む