検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る



【システムメンテナンスのご案内】
いつもジュニサカオンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます。
システムメンテナンスのため、下記の日時ショップがご利用できません。

■12月10日(土)深夜24:00~6:00(予定)

お客様方にはご迷惑をおかけいたしますがご了承いただきますようお願い申し上げます。


商品コード: FQ001

フットボール批評issue01 アギーレを殺すのは誰か?

価格(税込): 1,242
数量:
カゴに入れる




年間購読をご希望の方はコチラからお申込み下さい。



【発行】株式会社カンゼン
B5判/128ページ
2014年9月4日発売


特集【惨敗の教訓】
アギーレを殺すのは誰か? 日本代表、ビジョンなき再出発


いま必要なことは、急いで前に進むことではなく、足下を見つめ直すことだ。
ブラジルでの惨敗の原因はどこにあったのか? ザッケローニ監督の4年間で教訓とすべきことは何なのか?


本来であれば日本サッカーの設計図を描くのは日本協会技術委員会の仕事だ。
明確なビジョンがあった上で代表監督にどのようなことを求めるかが決まる。

世界の趨勢と日本の現状を見極め、4年後、あるいはさらにその先に向けて何が必要なのか、今こそ真剣に議論しなければならない。

今回、本誌ではさまざまな角度からブラジル大会の敗因とこの4年間の検証を行っている。
惨敗の記憶が風化する前にしっかりとした教訓を残すべきだと考えたからだ。

【CONTENTS】
・未来への航海図は描けているか?
・風間八宏のW杯総括
・教訓 ザッケローニからアギーレへ
・日本がすぐに改善すべき守備の個人戦術
・[クローズアップ]不条理なレッドカード 浦和レッズは本当に生まれ変われるのか?
ほか


お客様の声

新規コメントを書き込む