熊本地震による被災者の皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

【熊本地震の影響によるお届け遅延について】
2016年4月14日(木)より発生いたしました熊本地震に伴う影響により、熊本県を含む九州の一部地域に配送の遅延、また熊本県一部地域に配達不能が発生しております。
ご注文確認後、配達不能地域に該当するご住所の場合、随時ご連絡をさせていただきます。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。


商品コード: syo5275

ザックジャパンの軌跡 蒼き戦士たちの躍進とブラジルでの敗北、そして未来

価格(税込): 1,728
数量:
カゴに入れる




【商品名】ザックジャパンの軌跡 蒼き戦士たちの躍進とブラジルでの敗北、そして未来
【発行】株式会社カンゼン
四六判/240ページ
2014年8月28日発売


日本代表を追い続けた記者による、ザックジャパンの4年間
就任からW杯ブラジル大会まで、日本代表主力選手のザックジャパン4年間の軌跡

「一番辛かったのは、4年間、正しいと思ってやってきたこと、貫いてきたことが、結果的に否定せざるを得なくなったこと。自分たちの納得いく試合ができなかった以上、また一から物差しづくりというのをしないといけないのかなと。
ただ、僕は目標を変えると言ったつもりはないし、世界一を諦められないということは前にも言いました。むしろ世界一のための作業が過去4年間で間違っていたならば、正解は何なのか……。それをもう一度、一から見つけたいと思っています」
(本田圭佑、本書より)

【目次】
本田圭佑
―生みだされた存在感 日本代表で貫く信念―

香川真司
―10番が駆け上がった階段、初舞台のW杯で味わった屈辱―

長友佑都
―闘争心の象徴として日本代表に与えた推進力―

内田篤人
―異端のサイドバックが見据えてきたもの―

長谷部誠
―崩壊した≪自分たちのサッカー≫―

遠藤保仁
―ベテランが感じたドイツと似た空気―

岡崎慎司
―ブラジルで痛感した1トップへの思い―

川島永嗣
―さらなる成長を誓った二度目のW杯―

吉田麻也
―長身DFに足りなかったもの―

今野泰幸
―肌で感じた世界との差―

森重真人
―自信を持って挑んだ挑戦の行く末―

山口蛍
―日本代表の心臓となるべき男―

青山敏弘
―Jリーグの代表として4年後を目指す―

柿谷曜一朗
―異国の地で己を高め、4年後を目指す―

大迫勇也
―若きストライカーをふさいだ壁―

大久保嘉人
―ベテランが危惧した日本サッカーの未来―

細貝萌
―高い意識を持った選手の選考外―

前田遼一
―外されて失われたバランス―

松井大輔
―欧州各国を渡り歩いた男が見たザックジャパン―


お客様の声

新規コメントを書き込む